• ホーム
  • 日立投資顧問の柿沼敬二について

日立投資顧問の柿沼敬二について

パソコンを見ている男女

日立投資顧問というのは一般企業に対して投資のアドバイスをする会社のことで、投資の指導や実際の運用などもする場合があるのですが、現在では様々な手法で顧問契約をしているので従来の分類では分けられないものも数多くあります。
柿沼敬二氏のようなアナリストは基本的には投資の助言をするのですが、日立投資顧問の柿沼敬二氏に顧問を頼んだ場合は固定料金と利益が出た場合の成功報酬などを支払うことになります。
しかし投資に失敗した場合でも固定料金に関しては支払いをする必要があり、これを割り引いたり無料にすることは違法になります。
日立投資顧問の柿沼敬二氏のような顧問との契約は年単位で行われることが多いのですが、投資のアドバイスが全くない月には無料になることがあります。
この場合は損失補てんにはならないので、金融商品取引法の違反にはなりません。
基本的にはすでに受け取った顧問料を返金させたり、損失分の顧問料の免除などがない限りは違法であるとは認められませんが、リターンのある投資ならばリスクが必ずあるので、その損失を顧問の責任にするのはトラブルの起きる原因にもなります。
しかし必ず儲かるなどの勧誘によって顧客になった場合には金融取引法違反や出資法違反に問われる可能性があります。
また一般社団法人日本投資顧問業協会という組織が作られているので、そこに加入している場合には基本的には信用することができます。
投資運用業は投資家から資金を預かってそれを自由に投資してお金を増やすのが仕事なので、必要な権限などが全て委任されているので様々な金融商品に投資することができます。
また投資家からの出資で不動産などの資産に投資をする場合は投資ファンドの運用をします。